もどる




柳原義達 略歴



1910  神戸市に生まれる

1928
    神戸第3中学校を卒業後、京都に住み藤村良一に日本画を学ぶが、
       ロダン、ブールデルの作品の複製図版に接したのを機に、彫刻家を志す

1936    東京美術学校彫刻科を卒業

1937    国画会彫刻部同人となる

1939           
新制作派協会彫塑部創立に参加、会員となる

1946    佐藤忠良とともに作品を預けていた先の火災で、それ以前の作品の
       大部分を焼失する


1953    フランスに渡り、エミール・オリコストに学ぶ

1958    第一回高村光太郎賞受賞

1970          兵庫県近代美術鑑賞を受賞
       日本大学芸術学科主任教授となる

1973          
 第1回長野市野外建築賞受賞

1974           
第5回中原悌二郎大賞を受賞

1981           
作品集「柳原義達」が現代彫刻センターより刊行される

1985
     美術論集「孤独なる彫刻」が筑摩書房より刊行される

1986          第10回長谷川仁記念賞を受賞

1987          
「柳原義達作品集」が講談社より刊行される

1990    勲三等瑞宝章受賞

1994    第35回毎日芸術賞を受賞

1996          
文化功労者に選ばれる

1998    東京国立近代美術館にて特集展示

1999         
 神戸新聞平和賞特別賞受賞

2000          
「卒寿記念 柳原義達展」を世田谷美術館にて開催

2003
    三重県立美術館に柳原義達記念館が開設される

2004    逝去